工夫ロックいろいろ

田島メタルワーク

進入破壊防止用鉄球配置

 ドリルによる進入破壊防止用鉄球2個を先端部に配置したディンプルシリンダー錠「MET防犯シリンダー」が田島メタルワーク(本社・東京都渋谷区)から発売される。
@ 上・左・右・左斜め下・右斜め下の5方向に配置されたピンタンブラーでロックされ、17本のピンが使用されている。
ピンはすべてさびに強いステンレス製(国内初)。
A キー挿入口は曲面加工しているため暗くてもキーを挿入しやすい。
B 17ディンプルのキーは総カギ違い数91億通り。リバーシブルタイプで使いやすい。

美和ロック

補助錠として主錠を交換しなくて防犯性向上

美和ロックでは主力シリンダーとしてロータリーディスクシリンダー U9シリンダーを販売している。ロータリーディスクとロッキングバーを使用してピッキングに強い構造の上、さらにタンブラーの外周にアンチピッキング切りこみを持たせ、高い安全性を実現。鍵違い数は1億5千万以上。
また、防犯の基本1ドア2ロックを実現するために、優良防犯機器型式認定制度に合格したCP錠のU9CPNDR(面付本締錠)を補助錠としてとりつけることを勧めている。
U9CPNDRの特長は、
@シリンダーのもぎ取り攻撃に強い長座付き、
A面付錠のためデッドボルトの押込み攻撃は困難なこと、である。

トーヨーコー

ドイツ製ディンプルシリンダー 「ドムシリンダー」

 ドイツ製のディンプルシリンダー錠が日本に上陸した。トーヨーコー(本社・東京都墨田区)が販売するDOM社製ハイセキュリティシリンダー錠「ドムシリンダー」で、ドイツ銀行などの施設やロールスロイス、ベントレーなどの高級車にも採用されている。
主な特徴は以下のとおり。
@ 細く複雑なアンチピッキング形状を採用しているので、ピッキングツールなどでピンを押し上げる不正解錠がきわめて困難。
A 2列9ピン5段変化のディンプルシリンダー。
B 理論カギ違い数は195万通り。プロファイルピンの組み合わせパターンまで含めると2億3400万通り。またキーの複製はセキュリティカードがないとできないシステム。
C キーの先端にフローティングボールを使用して不正な複製を防止。
D キーはリバーシブルタイプ。キーは5本。

堀商店

玄関錠交換シリンダー「バイサス20S」

 増え続けるピッキング犯罪に対応するために,3方向、20ピンフラットディンプルシリンダー「バイサス20S」を開発した。約2000億通りのカギ違いと共に耐久性、耐食性に優れたステンレススティールの内筒を使用、さらに焼きいれ鋼のピンを併用することでピッキング対策は勿論のこと、ドリリング対策にも対応した強固なシリンダー。また、鍵穴にもドリリング対策と防塵対策を兼ねた特殊鋼によるシャツター機構を組み込み、防犯性、耐久性を高めた。
□堀商店、3方向ピンタンブラー方式「トライデント シリンダー」
 最近急増しているピッキングに手強いシリンダー。シリンダーピンを従来の約3倍を3列に配列、さらに、鍵穴は丸棒に浅い溝が1箇所だけ入った形状なのでピッキングに必要なテンションがかけ難い構造。キーは曲面上にそれぞれ深さの異なる1列5箇所の楕円形ディンプルを、3列並べた独特な形状を採用強いてるため、キーコピーが困難である。電動ドリルでのシリンダーへの直接攻撃を防ぐために外筒の正面に、高硬度の特殊鋼を埋め込み、内筒にも位置を変えた2本のニードル鋼を埋め込んである。そのほか1400通りのカギ違いなどの特長を持つ。
(9月10日号より)

戻る