ロック特集4

 今後、製品としてのロックは、「メカニカルなものと集合住宅向けの電気制御関係のドアの2極化に向かうだろう」と鍵屋リンクス(千葉県成田市、浅野敏弘社長、рO476・24・1854)では予測する。同社でも、主力商品のひとつに、RFID技術を利用した「非接触カード」のエントリーシステムを据える。
 美和ロック(東京都港区、和氣英雄社長、рO3・3452・5552)は、防犯フィルム、サブロック、センサーライト、センサーカメラなどにより家一軒で防犯をとらえていく意向。
 また、日本ロックサービス(東京都板橋区、二上直弘社長、рO3・3935.5561)でも、警備会社、錠前業者、ガラスメーカー、電気通報機械警備のセンサー会社、サッシメーカー等と提携し、開口部全体で防犯を考えていきたいとしている。

(2005年6月10日号)


戻る