NPO法人タウンセキュリティ推進機構設立

今月八王子市にウルトラ防犯灯寄贈

田中睦男理事 地域レベルでの自主防犯活動が拡がりを見せる中、この度NPO法人タウンセキュリティ推進機構(東京都八王子市、田中睦男理事長、рO42・642・1367)を設立。11日に八王子市芸術文化会館で、発足記念講演会を実施した。
npo08092502.jpg NPO法人の趣旨として、「ウルトラ防犯タワー」設置推進、タワーの機能を活用する「ウルトラ民間交番」への組織化推進を掲げている。 「ウルトラ防犯灯」は、八王子に本社を構え、市の監視カメラシステム設置実績を持つセキュリティオン・24が展開する製品。遠隔画像監視システムとともに、音声双方向通話などスーパー防犯灯が備える機能を搭載。同製品の普及とともに、緊急時の駆け込み拠点拡大を目指すもの。
 活動開始にあたり、事務局を置く八王子市教育委員会に対して、学童の安全を確保するウルトラ防犯灯を20基寄贈。市では近年、子どもを狙った犯罪が発生したこともあり、市長など来賓挨拶で、NPO法人への期待が紹介された。  

(セキュリティ産業新聞2008年9月25日号より)

戻る