情報処理国際連合会議13E2008日本招致

13E2008組織委員会

 地域情報化システム技術に関する開発成果を国際的に発信するとともに一層の技術展開を進めるきっかけを作る場を提供することを主な狙いとして、情報処理国際連合(IFIP)が主催する電子ビジネス・電子サービス・電子社会に関する情報処理国際連合会議(13E)の2008年の会合である13E2008を日本に招致。24日から3日間、千代田区一ツ橋の学術総合センターを会場に開催される。
 世界の情報通信技術の動向を俯瞰する基調講演、地域イノベーション・サービスに焦点を当てた企画セッション、地域情報化に関わる注目技術に関するパネル討論、電子ビジネス・電子サービス・電子社会に関する国際論文の発表と討議を行う。
 同会合は、地域情報化を中心とする様々な日本のシステム技術に対して世界の研究者や実務家からの認知が広がると同時に、議論を通じて、次のステップに向かってアイデアや人的ネットワークが生まれることを期待している。

(セキュリティ産業新聞2008年9月10日号より)

戻る