内部統制評価支援で協業

アシスト/三菱電機インフォメーションテクノロジー

 アシスト(東京都千代田区、ビル・トッテン社長、広報部рO3・5276・5850)と、三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT、東京都港区、増田幹夫社長、計画部рO3・6414・8052)は、アシスト提供の内部統制評価支援ツール「監査れポータル」と、MDIT提供の統合ログ管理ソリューション「LogAuditor」の連携で協業。大手・中堅企業向けマーケティング活動の推進に両社共同で取り組む。
 今回の連携で、「LogAuditor」が保管する企業内のさまざまなシステムのログをもとにした「監査れポータル」によるIT全般統制の運用状況の可視化が可能に。企業システム全体に関するIT全般統制の運用状況の評価がすぐに開始できることに加え、企業システム全体のリスクを事前に検知。万が一リスクが発生した場合の迅速な対応も可能となる。
 この連携ソリューションの普及を目指したマーケティング活動として、9月26日に「ログ管理ソリューションセミナー 〜内部統制の運用・評価の工数を削減せよ〜」をベルサール神保町で開催。10月8日から9日まで東京国際フォーラムで開かれる「金融国際情報技術展2008(FIT2008)」に出展する。

(セキュリティ産業新聞2008年9月10日号より)

戻る